放課後学習保育の特徴

無学年方式学習システム「すらら」

学習塾が学童保育を行う新たな保育システムです。


CTTキッズスタジオは、ロボット教室、サイエンス教室など、お子様の未来を切り開く「STEAM教育」を中心とした学習室です。その他、音読教室やドラム、サッカー、ゴルフなど、お子様の才能を発掘するために多彩なプログラムを展開しています。

サッカースクールで培ってきたノウハウから「基礎」の大切さを痛感します。サッカーが上手くなるためには、技術を磨いてばかりでは駄目で、走る(速く)、飛ぶ(高く)などの「基礎身体能力」を伸ばすことが最も重要なのです。

これを学習に置き換えると、プログラムや科学などの知識を伸ばすには、やはり「基礎学力」が必要であり、それは学校の「4教科」(中学は5教科)です。
この土台をしっかりとさせておかないと足元がふらついて倒れてしまいます。「すらら」がそれを支えるのです。

学習塾が放課後保育行う。
新しい流れが今始まっています。

スタジオ長 赤沢一矢

明るい雰囲気の白い壁で、スポーツ用具やSTEAM教育用具がたくさん用意してあります。

 総合的な教育スタジオ

「生活」

安心・安全の生活空間の中で、友達と楽しく気持ち良く過ごす為のマナー・ルールを身につけ「社会性」を育てます。
また「けじめ」のある生活を尊重し「礼儀」を身につけていきます。

「遊び」

様々な学校・学年のお友達とふれあい、遊び・運動を通じてコミニュケーションをとり「主体性」「協調性」を身に着け積極的に身体を動かし、「体力」をつけます。

「体験」

様々な体験カリキュラムを通じて「好奇心」「積極性」を引出し「創造力」を育てていきます。 

スタジオ入口に敷かれている玄関マット

 

「すらら」で楽しく学習ができます。 


「STEAM教育」で多彩な経験ができます。

「CTTサッカースクール」で培った運動指導が受けられます。


放課後学習保育のご案内